屋根リフォームの相場を把握!葺き替え費用相場やリフォームの際に把握すべきポイント

屋根リフォームの相場を把握!葺き替え費用相場やリフォームの際に把握すべきポイント

屋根は建物の上からの外的刺激から守っているとても大切な部分です。しかし、高い部分なので目に付きにくく、どのような状態になっているのかが把握しにくい部分となっています。屋根が劣化しており、早急に修繕が必要と言われても屋根修理にいくらかかるのか不安になってしまう方も多いと思います。

屋根のリフォームが必要になった場合の費用の相場や把握しておくと便利なポイントをご紹介いたします。

塗装リフォームの相場

屋根材の痛みがない場合は、塗装をすることで屋根を正常な状態とすることができます。屋根を新しい塗膜で覆うことで、屋根材を劣化から守ることができます。

屋根塗装の様々な例の費用相場、足場代などの必要な項目を含めてご紹介いたします。

  • ・20坪の鋼板屋根にシリコン塗料を使った塗装工事の場合の相場・約150,000円~
  • ・30坪のスレート屋根にシリコン塗料を使った塗装工事の場合の相場・約230,000円~
  • ・40坪のスレート屋根にシリコン塗料を使った塗装工事の場合の相場・約330,000円~
  • ・50坪のスレート屋根にシリコン塗料を使った塗装工事の場合の相場・約350,000円~

これらは一般的な屋根面積から計算した内容であり、屋根の形や勾配などに費用相場は異なります。

重ね葺きリフォームの相場

重ね葺きリフォームとは、既存の屋根はそのまま一切手を付けず、その上に新しい屋根材をかぶせるリフォーム工法です。屋根のリフォームといえば葺き替えがほとんどでしたが、既存の上からかぶせることで撤去の手間や処分費用がかからないことにより、需要が増えてきました。

重ね葺き工法ができる屋根材は、これらがあります。

  • ・スレート
  • ・金属屋根
  • ・アスファルトシングル

屋根の面積や使う材料にもよりますが、80~200万円程度の費用相場で行うことができます。屋根が二重になることで、断熱性や遮音性を高めることができます。

ただし、屋根が二重で重くなってしまうことがあり、耐震性が劣ってしまうこともあります。

葺き替えリフォームの相場

葺き替えリフォームの相場

葺き替え工事は、既存の屋根材を全て取り外して新しい屋根材を葺くリフォーム工法です。既存の屋根材を全て取り除くことにより、新品の屋根とすることができます。また、屋根を全てはがすことにより屋根下地に不具合が発生していた場合の補修も可能であり、完璧な屋根に仕上げることができます。

近年は大地震が多いので、屋根を軽い材料に葺き替えて耐震性を高めるお宅も増えていています。ただし、屋根を全て新しいものに取り替えるので、屋根のリフォームの中では1番高い費用となります。

費用相場は100~300万円ほどであり、使う屋根材により費用が異なります。

重ね葺きがよいのか葺き替えが良いのかの判断ポイント

上述しましたように、屋根を葺くには葺き替えと重ね葺きがありますが、どちらを選択するかは既存の屋根の状態によります。以下のポイントを参考にして、最適な方を選択しましょう。

葺き替えがおすすめの屋根

  • ・現在瓦屋根の場合(瓦屋根は重ね葺きができない)
  • ・既に重ね葺きを行っており屋根が二重になっている場合
  • ・屋根下地の劣化が発生している場合
  • ・雨漏りが発生している場合
  • ・既存の屋根材の劣化が著しく激しい
  • ・屋根の耐久性を高めたい
  • ・今の屋根材が重く、軽い屋根材にして耐震性を高めたい場合

重ね葺きがおすすめの屋根

  • ・屋根下地の劣化が無い場合
  • ・既存の屋根材が軽く耐震性の心配がない
  • ・リフォーム費用を抑えたい
  • ・既存屋根の解体に発生する騒音やホコリのトラブルを発生させたくない
  • ・スレート屋根で2006年以前に製造されたものを葺いている場合(解体の際にアスベストが発生するため)

瓦屋根の漆喰補修リフォームの相場

漆喰というのは瓦屋根に使われており、瓦の接着や目地の補給などに使われています。水酸化カルシウムを主成分とした、接着剤です。漆喰は経年劣化によりヒビが入ったり傷んでしまい、接着としての役目を果たせなくなってしまい、瓦がずれてしまいます。

剥離やヒビが発生してしまうと雨水が浸透しやすくなってしまい、雨漏りの原因となってしまいます。瓦屋根は50~100年持つ素晴らしい屋根ですが、漆喰は15年程度の寿命となってしまうので、定期的な点検や補修が必要となります。

費用相場は10~80万円程度であり、不具合の状態により費用は大きく異なります。

雨どいの補修リフォームの相場

雨どいの補修リフォームの相場

雨どいは建物に付属しているアイテムですので、通常あまり気にかけない方が多いと思います。しかし、雨どいの補修をおこたると、建物内部に雨水が浸透してしまうことがあります。雨どいの不具合や詰まりによるオーバーフローが原因で軒や破風付近から雨水が浸透してしまい、雨漏りとしてしまうケースはよくある話です。

雨どいのメンテナンスの費用相場は、1mあたり3,000円~程度となります。雨どいのメンテナンスは足場が必要となる場合があるので、屋根や外壁のメンテナンスの際に一緒に行うことで足場代の節約とすることができます。

屋根のリフォームには足場は必要なのか

屋根の塗装工事の費用の中に大きく締めるのが、足場の費用です。はしごで屋根に上ってしまえば足場は必要ないと思う方もいると思いますが、それは大きな間違いです。

建築基準法にて、高さ2m以上の高所作業を行う場合は足場を設けないといけないという決まりがあります。その法律を違反してはしごで屋根に上がって屋根の塗装を行っている状態を見かけることがありますが、安全な足場がないことで屋根全てを綺麗に塗装することはできません。

特に破風や淀は、足場がないと隅まで綺麗に塗装を行うことはできません。安全面と塗装工事を完璧に行うために絶対に必要となる費用です。屋根塗装工事を行う際は外壁工事と一緒に行うと、足場を併用して使うことが出来、足場代も1回で済みます。

屋根のリフォームにご利用できる補助金制度

屋根のリフォームには、活用できるリフォーム補助金があります。タイミングや自治体により行っている補助金は異なりますが、このような補助金制度に屋根リフォームが該当する場合があります。

耐震リフォーム補助金制度

既存の屋根材より軽い屋根材に葺き替えることで、建物の頂部である屋根が軽くなることで耐震化対策となり、耐震リフォームの対象となる場合があります。

例えば、瓦屋根からガルバリウム鋼板に張り替えることで屋根が軽量化となり、耐震効果が高まると認識してもらえます。

省エネリフォーム補助金

屋根の吹き替えによって建物の断熱性が高まる場合、省エネリフォームに該当すると認識してもらえます。

これらの補助金制度は、国や都道府県、市町村が独自で実施しているものもあります。屋根のリフォームを行う場合は、官公庁のホームページにて該当する補助金制度があるかを確かめるようにしましょう。わからない場合は、地方自治体に電話で問い合わせると教えてくれます。

また、リフォーム業者は地域の補助金制度に詳しいので訪ねてみると良いでしょう。補助金制度をご利用する場合は事前申請が必要なので、リフォーム前に検討するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

屋根リフォームの際の工事の種類や相場費用などについてご紹介いたしました。屋根は上から建物を守る重要な部分ですので、現地調査がとても大事となります。優良業者に現地調査をお願いして、満足できる屋根リフォームとしましょう。